アキバ系アイドル

mikicco(東京・秋葉原)

mikicco(みきっこ)2016年3月20日デビュー!

コンセプトは「感情的なLIVEを」元気で可愛らしいアイドルとは裏腹、ロックなステージを行う。

mikiccoのライブでは泣いてもいい、怒ってもいい、感情的になっていい。

嫌なことがあったら無理に元気を出そうとせず、感情的になって発散しよう。

曲にのってありのままに思いをぶつけよう。

そんなちょっと異色のmikiccoは、なんと全てセルフプロデュース。フリーで活動しているのだ。

そんな自由でありのままのmikiccoの今後の活動に注目。

【OFFICIAL】

続きを読む

オトメブレイヴ(東京・秋葉原)

オトメブレイヴは、2015年3月に始動した「RPG」(ロールプレイングゲーム)をモチーフとしたアイドルグループ。

ライブ動員をすることによって経験値がたまり、レベルアップし、新衣装や新楽曲を得て成長していく。経験値をお金と置き換えるとやけにリアルなRPGに感じるが、ファンと一緒に成長できるコンセプトが面白く、一躍ブレイクの予感を感じさせられる。「勇者」や「ぬののふく」「パルプンテ」など、テーマやイベントに完全にドラクエの単語が多くちりばめられており、その世代はその言葉だけでわくわくしてしまうこと間違いない。

続きを読む

アキシブproject(東京・秋葉原/渋谷)

アキシブproject(アキシブプロジェクト)は、“渋谷と秋葉原を繋ぐアイドルグループ”として、元BiSのりなはむ(横山利奈)が発起人となり、所属事務所のTwinPlanetに掛け合い2012年10月にプロジェクトを結成。

「秋葉原のオタク文化」と「渋谷のギャル文化」を融合させ、新しい文化を作り出すことをテーマとしているが、メンバーは渋谷にいそうな雰囲気を出しているが、一昔前のギャルのイメージとは違い、ナチュラルで可愛らしい今どきの女の子達。楽曲はアキバ系アイドルが歌いそうなミックスなどが組み込まれた王道アイドルソングで、もちろん秋葉原のファンたちに大いに受け入れられている。アキバ系アイドルが好きなファンのみならず、今どきの子が好きな一般男性も巻き込み、大きな旋風を起こしてくれそうだ。

続きを読む

なちゅらリウム.vivid(東京・秋葉原)

なちゅらリウム.vividは、「サイリウムで照らす、明るい未来!」をコンセプトにしている、秋葉原や渋谷を中心に活動する、メジャーデビューを目指す地下アイドルユニット。

ユニット名の中には、メッセージが詰まっており、「ナチュラルな女性らしさと原色のように鮮やかなパフォーマンスをサイリウムを使って表現するアイドル」を意味している。その名のとおり、ライブパフォーマンスでは、得意な激しいダンスとサイリウムを融合させ、会場を大いに沸かせている。また、作詞作曲には、業界でも一流の楽曲制作チームを編成しており、運営の期待と本気度が覗える。2016年2月にはついに待望の1stワンマンライブを行うなど、2016年に一気にブレイクを予感させるアイドルグループ。

続きを読む

【解散】エンタの時間(東京・秋葉原)

エンタの時間は、多くのアイドルグループを誕生させてきたSweetlyMusic所属の一押しのアイドルグループ。

現在、秋葉原を中心に都内近郊でライブ活動を活発に行っている。約1名迷惑な元メンバーがネット上を騒がせたが、決してほかのメンバーはそんな元メンバーと同じではない。現在のメンバーはそんな逆境の中でも、エンタの時間のファンのため、現在も笑顔で活動を続けている。むしろ、この奇しくも知名度が上がったことをバネにして、今後大いに飛躍してほしい。この迷惑行為のことは、アイドルとして決して許されることのない「反省」として記憶に残すべきだとは思うが、エンタの時間の活躍の記事が増え、ネット上からその迷惑記事が消えていくことを期待したい。

※解散情報※

残念ながら2015年10月に突然の解散となってしまいました。メンバーのそれぞれの活躍を願っています。

【お知らせ】 10月10日のワンマンにてメンバー全員事務所卒業と告知していましたが 再度全員で話し合いをした結果 その日を持ちまして解散という結論になりました。急なお知らせとなってしまい申し訳ございません。 — エンタの時間(公式)

続きを読む

妄想キャリブレーション(東京・秋葉原)

妄想キャリブレーションは、2013年3月6日に秋葉原ディアステージでのイベント「まひるごはん3」にて結成したアイドルユニット。通称、「妄キャリ」。

「みんなで夢に向かって妄想する、恋しちゃいそうなアイドル」をコンセプトにしており、メンバーはそれぞれアニメとか漫画、アキバ・カルチャーが大好きな明るいヲタク。でんぱ組.incとの関わりも強く、同じディアステージ出身であり、楽曲プロデュースとしても妹分にあたり、限定ユニット「宇宙は11次元で出来ている」も結成している。

続きを読む

サンミニ(東京・秋葉原)

サンミニは、秋葉原の新観光名所 ヌードルカフェ3周年にちなんで結成されたアイドル。

結成1周年を 機に待望のデビューシングル「パノラマワールド」をリリース。“3” をテーマにした本格派ダンスユニット。3分間のEDM、エレクトロ、ハウス調ダンスミュージックを展開。EDMをベースにした楽曲やMCがすべて3分で構成されていることが最大の特徴。本格的なEDMや パフォーマンス力を武器に、アイドル界において独自の存在感を放っており、流行の兆しを 見せるLEDダンスにも参入し、最先端の業界内では早くも絶賛されている。

※2015年7月に「サンミニッツ」から「サンミニ」に改名している。

続きを読む

【解散】カタモミ女子(東京・秋葉原)

カタモミ女子は、秋葉原の「神タワービル」内にある、「肩モミ専門店カタモミ女子」で肩もみの普及活動を行いながら活動するアイドルグループ。

肩もみで癒すアイドルとして『Let’s肩もみニケーション!』を合言葉にライブ活動と店舗活動を行ってきたが、2015年11月23日をもって、惜しくも店舗は閉店となる。それもアイドル活動が順調だからと考えておこう。

フジテレビ系列のテレビ番組「ザ・ノンフィクション~中年純情物語~」では、カタモミ女子の熱狂的ファンのドキュメントが放送され、地下アイドルの運営側の舞台裏や、メンバー脱退劇、ファンの人生を変えるきっかけにもなったアイドルであること、全てがリアルに発信されネット上でも話題となり、良いも悪いもカタモミ女子が飛躍するきっかけとなった。話題性だけでなく、今後も多くのファンの人生を明るい方向に変えていけるアイドルになっていくことを心から期待したい。

※解散情報※

2016年2月11日をもって解散。人気メンバーも卒業し、運営が厳しかったかもしれません。

続きを読む

異国のファルマチスタ(東京・秋葉原)

異国のファルマチスタは、秋葉原「AKIBAドラッグ&カフェ」を中心に活動するアイドルグループ。

薬局全国チェーンのダイコクドラッグを運営する企業が設立したドラックストア併設アイドル劇場カフェ「AKIBAドラッグ&カフェ」(通称:アキドラ)を広げるために、地上でも地下でもない「天空アイドル」を募集するオーディションを開催。そこで結成されたのが異国のファルマチスタである。プロデューサーは、「かわいくなくても、ダンスが踊れなくても、音痴でも、諦めない気持ちや上昇志向がある子、人間としての魅力がある子を、全面的にバックアップし、プロデュースしていきたい」と語っている。しかしながら、実際正規メンバーになる子は十分にかわいい。ちなみに、「ファルマチスタ」とはイタリア語で「薬剤師」の意味を持つ。

続きを読む

和茶屋娘(東京・秋葉原)

和茶屋娘は、秋葉原にある「和」をコンセプトにしたインターネットカフェ「和style.cafe」のスタッフが結成したユニット。日本の四季や大正ロマンをテーマにしたシングルを楽曲をリリースし、そのミュージックビデオも「和」を表現しており、その世界観の定評が高い。2015年には、クールジャパンinさいたまスーパーアリーナに参加するなど、まだまだ大きな範囲ではないが日本の文化として世界へ発信している。今後も日本の和の美しさを発信するアイドルとして期待したい。

続きを読む

ステーション♪(東京・秋葉原)

ステーション♪は、秋葉原 神タワー 3階「神スペース」をホームグラウンドとして活動する、「鉄道」をコンセプトにしたアイドルグループ。2011年から活動を開始し、JRなどの各鉄道会社やトミカとのコラボ、各地の鉄道イベントへの参加、鉄道番組への出演など、鉄道にテーマを特化することで幅広く活動をすることができ、業界から引っ張りだこになっている。「ステーション♪」のことを乗務員、ファンのことを「ステッシャー」と呼んでいる。

続きを読む

仮面女子(東京・秋葉原)

最強の地下アイドル仮面女子

アリスプロジェクトに所属する、ジェイソンマスクのアリス十番、ガスマスクのスチームガールズ、鉄仮面のアーマーガールズの3つの仮面ユニットから構成される、大型アイドルグループ。

アリス十番の多くのメンバーは、「ぴゅあふる」「Prism」「チェリーブロッサム」などのユニットにも所属し、また、仮面女子候補生として、スライムガールズ、OZ、パー研!、WESTなど様々なユニットも展開している。

地下アイドルと自称はしているが、オリコンシングル週間チャート1位、専用劇場年間動員数は30万人以上、さいたまスーパーアリーナでワンマンライブを行い15,000人を動員するなど、その人気と活動内容はメジャーアイドルに引けをとらない。今最もメジャーアイドルに近い、正に最強の地下アイドル。

続きを読む